新商品・季刊 アンソロジストブックジャケットスターターキット
作品リフィル あ行作品リフィルセット作品リフィル 詩歌
作品リフィル か行芥川龍之介太田靖久
作品リフィル さ行織田作之助徳田秋声
作品リフィル た行井伏鱒二
作品リフィル な行後藤明生
作品リフィル は行坂口安吾
作品リフィル ま行太宰治
作品リフィル や行宮沢賢治
作品リフィル ら行山本周五郎
作品リフィル わ行吉田篤弘
作品リフィル 文庫判・スクラム製本(綴じなし)

《川柳アンソロジー みずうみ》
「ほとり」八上桐子

幼いころ、高知城の堀に落ちて溺れた。からだが橋から飛び出したとき、あっ、と思ったこと、無数の泡に包まれたことだけ覚えている。苦しかった記憶はない。以来、水がこわくて好きだ。わたしを絶対に拒まず、息もできないほど包みこんでくれる水が。みずうみを書きに、みずうみへ出かけた。水を眺めていると、あらゆる感情が小さくうすっぺらな石のようになる。投げたら水面を切って遠くまで跳ねそうなそれを、手放せずに持ちかえった。(著者より)(12頁・★1.5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628022221

田畑書店公式通販サイト 「ほとり」八上桐子


「宝石」山崎聡子

《短歌アンソロジーあこがれ》
子供のころ、絵本の『幸福の王子』の挿絵の、すべてを分け与えてしまって灰色になった王子の像が怖かった。眼窩は黒っぽく落ちくぼんで、その足元には息も絶え絶えのツバメがうっとりと目を閉じた姿で横たわっている。「王子とツバメは永遠に幸せになりました」と結ばれていたけれど、私はそれを疑うより前に、その永遠を自分が生涯あじわうことがないことの理不尽にほとんど焦燥していたのだ。(著者より)(12頁・★1.5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628022030

田畑書店公式通販サイト 「宝石」山崎聡子


「神楽坂」 矢田津世子

神楽坂で金貸し業を営む馬淵の爺さんは、夕飯を済ますと袋町の小間物屋に通う。そこの娘、お初を囲っているのだ。一方、病床で爺さんの帰りを待つお内儀さんはいよいよいけないらしい。娘のお初を馬淵家の後釜に据えたいおっ母さん。養子縁組みをはかりたい強欲な親戚たち。そして孤児院から引き取った女中の種は働き者でお内儀さんのお気に入り。そしていよいよお内儀が亡くなって……神楽坂を舞台に庶民の生活を繊細な筆で描く傑作。(48頁・★6個)

330円 (税込)  [JAN]4582628021231

田畑書店公式通販サイト 「神楽坂」矢田津世子


「プールのある家」 山本周五郎

この街にあるルンペンの父子がいた。父は妙にインテリでいつも息子相手に蘊蓄を垂れ、そして子はまた絶妙な相槌を打つのだった。ただ彼らの間に母の話題は決して出なかった。二人がもっぱら夢見心地で語り合うのは、彼らが建てるべき家の話だった。ある日、残飯のしめ鯖にあたったのか、子が死んだ。放心して街を歩く父親の頭に、死ぬ間際に呟いた子の声がこだまする。「プールを作ろうよ」。思わずむせぶ周五郎短篇の真骨頂。(40頁・★5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628021163

田畑書店公式通販サイト 「プールのある家」山本周五郎


「わたくしです物語(上)」 山本周五郎

美濃国多治見の国家老、知次茂平の目下の心配事は、後見人を自ら任じた親友の一粒種、考之助だった。気弱で取り柄はないがとにかく美男。それが災して見かけ倒しとの定評が藩内に立ってしまった。それを挽回すべく使番を任じ、所帯を持てば人も変わるはずと固辞するところどうにか婚約までは取り付けた次第。そんな考之助がある日を境に、何故か藩内で起きた粗相の咎をすべて自分で引受けるようになった……思わぬ展開に心が温まる傑作人情話。(32頁・★4個)

330円 (税込)  [JAN]4582628021170

田畑書店公式通販サイト 「わたくしです物語(上)」山本周五郎


「わたくしです物語(下)」 山本周五郎

美濃国多治見の国家老、知次茂平の目下の心配事は、後見人を自ら任じた親友の一粒種、考之助だった。気弱で取り柄はないがとにかく美男。それが災して見かけ倒しとの定評が藩内に立ってしまった。それを挽回すべく使番を任じ、所帯を持てば人も変わるはずと固辞するところどうにか婚約までは取り付けた次第。そんな考之助がある日を境に、何故か藩内で起きた粗相の咎をすべて自分で引受けるようになった……思わぬ展開に心が温まる傑作人情話。(36頁・★4.5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628021187

田畑書店公式通販サイト 「わたくしです物語(下)」山本周五郎


「落ち梅記(上)」 山本周五郎

幼友達の金之助と半三郎は双俊と呼ばれ、藩主の世子・亀之助の学友として江戸邸で起居を共にするほどだった。長じて異学を教えた咎で身をもち崩し酒と賭博に耽る半之助と、父が倒れた日から思わぬ風雪に巻き込まれる金之助。その二人の間にあって運命に翻弄される金之助の幼馴染・由利江。藩を大きく揺るがす政争の中で輝きを放つ愛と友情……大河小説に匹敵する読後感と期せずして涙を唆られるリリシズム。山本周五郎の魅力を十全に伝える名篇。(40頁・★5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628021194

田畑書店公式通販サイト 「落ち梅記(上)」山本周五郎


「落ち梅記(下)」 山本周五郎

幼友達の金之助と半三郎は双俊と呼ばれ、藩主の世子・亀之助の学友として江戸邸で起居を共にするほどだった。長じて異学を教えた咎で身をもち崩し酒と賭博に耽る半之助と、父が倒れた日から思わぬ風雪に巻き込まれる金之助。その二人の間にあって運命に翻弄される金之助の幼馴染・由利江。藩を大きく揺るがす政争の中で輝きを放つ愛と友情……大河小説に匹敵する読後感と期せずして涙を唆られるリリシズム。山本周五郎の魅力を十全に伝える名篇。(40頁・★5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628021200

田畑書店公式通販サイト 「落ち梅記(下)」山本周五郎


「「青べか」を買った話」 山本周五郎

著者が若い頃に住んだ浦粕(現・浦安)を舞台に描いた自伝的名作『青べか物語』の冒頭に置かれた文章。「べか舟」とは海苔採りに使う平底舟のこと。この小説を象徴する「青いべか舟」を芳爺さんから買った経緯を綴っている。芳爺さんは街でいちばん大きな貝の缶詰工場の倉庫番をしている老人で、狡猾で欲深いがそれゆえにユーモラスで人情味溢れる庶民の姿を体現する人物。著者の巧妙な筆致は著者と対象との距離感をも絶妙に表している。(16頁・★2個)

330円 (税込)  [JAN]4582628021224

田畑書店公式通販サイト「「青べか」を買った話」山本周五郎


「へちまの木(上)」 山本周五郎

旗本の三男坊で、養子に出されそうになり家出した房二郎は、小網町の居酒屋で知り合った瓦版記者、木内桜谷の口利きで同じ職場、文華堂の見習いとなった。まだ世間ずれする前の二十五歳。覚えた酒に泥酔もし、これも桜谷の紹介で入った下宿の美しい後家、おるいに何かと世話を焼かれる。文華堂の主人、西川文華は女房の尻に敷かれたふりをして金を引き出す吝嗇家。ある日、給料の値上げを訴えた桜谷は解雇されてしまう……江戸情緒の中に描かれた人間模様。(40頁・★5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628021217

田畑書店公式通販サイト 「へちまの木(上)」山本周五郎


「へちまの木(下)」 山本周五郎

旗本の三男坊で、養子に出されそうになり家出した房二郎は、小網町の居酒屋で知り合った瓦版記者、木内桜谷の口利きで同じ職場、文華堂の見習いとなった。まだ世間ずれする前の二十五歳。覚えた酒に泥酔もし、これも桜谷の紹介で入った下宿の美しい後家、おるいに何かと世話を焼かれる。文華堂の主人、西川文華は女房の尻に敷かれたふりをして金を引き出す吝嗇家。ある日、給料の値上げを訴えた桜谷は解雇されてしまう……江戸情緒の中に描かれた人間模様。(40頁・★5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628021286

田畑書店公式通販サイト 「へちまの木(下)」山本周五郎


「瓶詰地獄」 夢野久作

島の海岸に流れ着いた三本の麦酒瓶。赤い蝋で封をされたその瓶の中には、船で遭難し、南の無人島に流れ着いた幼い兄妹の、健気ながら身も震えるメッセージが入っていた。幸いその島は年中夏のようで、豊かな食物が充ち満ちていた。二人は力を合わせて環境を整え快適な生活を築いていったが、月日が経つにつれて美しく艶やかに育っていく妹の肉体に、兄は悩まされるようになっていく。そしてその得体のしれない感情は妹も同じだった……最後まで「人」でいることに踏みとどまろうとする二人の運命は?(20頁・★2.5個)

本体価格:300円 [JAN]4582628021576

田畑書店公式通販サイト 「瓶詰地獄」夢野久作


「微笑(上)」 横光利一

作家梶のもとに現れた、栖方という俳号を持つ青年科学者。彼が開発中だと話す殺人光線は、敗色濃厚の戦局を打開する希望の光となり得るものでした。どこか狂気をはらむ彼の微笑に惹かれる梶に、栖方は発狂しているという憲兵からの知らせが。そして敗戦。殺人光線を開発していた若き科学者が敗戦の報を聞いて狂死したという新聞記事を読んだ梶は、行方不明の栖方の死を確信しますが……狂気と正気のはざまをたゆたう横光利一の遺作。(上巻)(28頁・★3.5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628020203

梅田 蔦屋書 ポケットアンソロジー 「微笑(上)」
田畑書店公式通販サイト 「微笑(上)」 横光利一


「微笑(下)」 横光利一

作家梶のもとに現れた、栖方という俳号を持つ青年科学者。彼が開発中だと話す殺人光線は、敗色濃厚の戦局を打開する希望の光となり得るものでした。どこか狂気をはらむ彼の微笑に惹かれる梶に、栖方は発狂しているという憲兵からの知らせが。そして敗戦。殺人光線を開発していた若き科学者が敗戦の報を聞いて狂死したという新聞記事を読んだ梶は、行方不明の栖方の死を確信しますが……狂気と正気のはざまをたゆたう横光利一の遺作。(下巻)(36頁・★4.5個)

330円 (税込)   [JAN]4582628020210

梅田 蔦屋書 ポケットアンソロジー 「微笑(下)」
田畑書店公式通販サイト 「微笑(下)」 横光利一


「春は馬車に乗って」 横光利一

病床に伏せる妻を看病する夫。彼女の言葉は日ごとに刺々しくなり、彼の言動を咎めるようになる。耐えぬ口論を彼は「檻の中の理論」と称し、妻は死の領域に繫がれていると思うことで平静を保とうとする。しかし、病魔は彼女の身体を蝕んでゆき、好物の鳥の臓物をせがむ代わりに、彼に聖書の朗読を求める。死の訪れを自覚した彼女は、自らの骨の行方を思い滂沱する。やがて、スイートピーの花束がふたりに春の訪れを告げる——。(28頁・★3.5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628021248

田畑書店公式通販サイト 「春は馬車に乗って」横光利一


「明日、世界が終わるとしたら」吉田篤弘

上京し、薬剤師をやっているちょっと変わった伯母さんの家に居候をするようになって6年。三十路も半ばで職も失い、いつお嫁にいくつもり? と美々は繰り返し伯母に聞かれるのだった。そんな折、先に東京に来ていた幼なじみの直人から連絡があった。これから新幹線に乗って、故郷の町にずっと昔からあるステーキ・ハウス〈ハシモト〉にビフテキを食べに行こうという。果たしてまだあのお店はあるのか? ハートウォーミングなラブストーリー。(28頁・★3.5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628022139


田畑書店公式通販サイト 「明日、世界が終わるとしたら」吉田篤弘


「黒砂糖」吉田篤弘

今は亡き伊吹先生の本職は世界でただ一人のファンファーレ専門の作曲家だったが、晩年に近くなって都会の森が衰えているのを愁い、またこよなく夜を愛することから、夜になると黒い上着を纏い、ポケットに黒砂糖をしのばせて「月夜に種蒔く人」となった。〈黄金アパート〉の中庭で教えを乞うた僕も、師を継承して夜な夜な町に繰り出していたのだが、ある夜、どうやら異性の同士がいることに気がつくのだった……幻想と詩情に溢れる名篇。(28頁・★35個)

330円 (税込)  [JAN]4582628022122


田畑書店公式通販サイト 「黒砂糖」吉田篤弘


「永き水曜日の休息」吉田篤弘

わたしのあだ名は「デコ」。図書館の司書をしている。その広い額に“惚れた”と言ってくれた夫がこの世を去ったのは2年前の水曜日で、図書館の休館日だった。それ以来、水曜日の休日が恐いくらい終わりのないように感じられてしまう。職場でもっとも気の合う〝朝子二号〟にそのことを相談すると、伯母である「心の先生」を紹介される。先生の声はわたしが心のよすがとしている『曇り空』という本から聞えてくる声にとても似ていたのだった。(32頁・★4個)

330円 (税込)  [JAN]4582628022115


田畑書店公式通販サイト 「永き水曜日の休息」吉田篤弘


「海の床屋」吉田篤弘

映画の買付のため三年に一度、海辺の小さな町の映画祭を訪れる「私」。五度目になる今年は不作かと思った矢先に出会った『ある小さな床屋の冒険』という映画が、子どものころ「海の家」で過ごした夏の思い出を引き寄せる。眼鏡を海に落としてしまい、代わりに借りた男ものの眼鏡。「海の床屋」のホクトさん。海辺のホテルのマネージャーの息子、ユウジ君。その眼鏡は実はユウジ君のものなんだ、とホクトさんが語る……霞んだ記憶にふと蘇る物語。32 頁・★4個)

330円 (税込)  [JAN]4582628022108


田畑書店公式通販サイト 「海の床屋」吉田篤弘


「水晶萬年筆」吉田篤弘

「夥」という珍しい名をもつオビタダは、光沢のあるつるりとした紙に刷られた雑誌にイラストを描いて生活の糧を得ていたが、本当はざらざらとした濁点のあるものに惹かれていた。そんなオビタダが恋をした。相手は十字路の角にある〈つみれ〉というおでん屋のつみれさん。彼女の父も絵描きで、ある日、一枚だけ残っている父の絵を見に行こうと誘われるが……そこはかとなく漂うペーソス。幻想の町で起こるリアルな物語。(28頁・★3.5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628022092


田畑書店公式通販サイト 「水晶萬年筆」吉田篤弘


「マリオ・コーヒー年代記」吉田篤弘

初めてマリオの店を訪れたのは「僕」がまだ17歳のとき。「世界の真ん中でコーヒーをつくる男」と勝手に名づけたマリオはほんとうに美味しいミルク・コーヒーを作るのだった。22歳になって図書館につとめ「私」と名のるようになると、今度はT百貨店の地下に出来たマリオの店に通うようになる。三十代の終わりころ後輩ができた「おれ」。50を過ぎ仲間を募って〈小さな楽団〉をつくった「私」。いつもマリオの店は人生の隣にあった。(28頁・★3.5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628022085


田畑書店公式通販サイト 「マリオ・コーヒー年代記」吉田篤弘


「針がとぶ」吉田篤弘

伯母さんの死は「わたし」にとって初めての身近な人の死だった。若いときから詩人・翻訳家として認められていた伯母さん。生涯をひとり身で通した伯母さんは〈北極星のように美しい人〉だった。家族から遺品整理を任されたがなかなか遺品を捨てることができないわたしは、その中にビートルズの「ホワイト・アルバム」を見つける。父の部屋にあった古いレコード・プレーヤーのターンテーブルに載せたB面の最後の曲には……。(24頁・★3個)

330円 (税込)  [JAN]4582628022078


田畑書店公式通販サイト 「針がとぶ」吉田篤弘


「飛行機から堕ちるまで」 吉行エイスケ

ここは門司市、東川端の卑猥な街。ホテルの踊場で、踊り狂う人々。列車は疾走し、ボートは夜の河岸を離れ、人々の欲望は興奮と色欲の坩堝に溺れる。F飛行士が乗る飛行機は、午前八時に岡山練兵場を出発した……。〈僕〉が目を覚ますと、広間では相変わらずチイク・ダンスに狂熱する人々の群れ。ダダイスムに傾倒した吉行エイスケが紡いだ光景は、果たして詩か物語か。目眩く言葉の洪水に、我々の秩序は揺がされる。(12頁・★1.5個)

330円 (税込)  [JAN]4582628021255

田畑書店公式通販サイト 「飛行機から堕ちるまで」吉行エイスケ