南木佳士著「根に帰る落葉は」の書評・紹介の掲載です。

2020年05月24日 しんぶん赤旗  朝刊
2020年05月23日 図書新聞  3449号、5月30日号
2020年05月07日 MORGEN
評者: 宮下与兵衛
2020年04月28日 毎日新聞  夕刊
2020年04月05日 北海道新聞  朝刊
評者: 和合亮一
2020年03月22日 読売新聞  朝刊

【書評・パブリシティ情報】

4月5日(日)北海道新聞 朝刊に南木佳士著『根に帰る落葉は』の書評が掲載されました。評者は和合亮一さんです。 追って詳細は当該書籍HPに掲載します。

【書評・パブリシティ情報】

3月14日売 図書新聞( 3440号、3月21日号 )にエルンスト・ユンガー著/阿部重夫・谷本愼介訳『ガラスの蜂』の書評が掲載されました。評者は糸瀬龍さんになります。是非ご確認ください。

表紙が草薙剛さんの1月4日売「AERA」、村田和樹さんのインタビューが掲載されました。
「わたしを生きる:現代語訳『正法眼蔵・現成公案』」が若い人にも読めるように書かれた大切な理由などを伺っています。

2019年5月18日付産經新聞【本ナビ+1】に、佐伯一麦著『山海記』(講談社)と共に、岸間卓蔵著『救済の文学』をご紹介いただきました。

評者富岡幸一郎様ありがとうございます。

産經新聞【本ナビ+1】

北海道新聞5月26日付で、山口拓夢著『短歌で読むユング』をご紹介いただきました。

評者は田中綾さん(歌人・北海学園大学人文学部教授)です。

新刊「人は考えたとおりの人間になる」が取次社トーハンの「ほんをうえるプロジェクト」で紹介いただきました。

またその関連で、本の要約サイト flier(フライヤー)イチオシの本のなかで

自分とその人生をかたちづくるものは?『人は考えたとおりの人間になる』と、

e-hon「ほんをうえるプロジェクト 本の問屋おすすめの、面白い本集めました」で

ほんをうえるプロジェクトおすすめ『人生の節目のプレゼントにもお すすめの世界的ベストセラー』

として紹介されました。