水上勉社会派短編小説集 不知火海沿岸

水上 勉

2021年11月24日発売

新書判 縦178mm 横110mm 厚さ20mm  仮フランス装

価格 2,420円 (税込) ISBN978-4-8038-0391-4 コードC0093

紹介

膨大な文業のなかに埋もれていた「社会派」短篇の名篇を発掘。
高度成長期に隠された人間の悲哀を描く傑作選の第2弾。
名作『海の牙』の原形となった表題作ほか、「真夏の葬列」「黒い穽」「消えた週末」など、全集・単行本未収録作を含む。
吉村萬壱氏による序文、石牟礼道子氏のエッセイも収録する。

目次

 

刊行にあたって  大木志門
序 薄明りの文学  吉村萬壱  

不知火海沿岸
真夏の葬列
黒い箱
消えた週末

真福寺の階段
渦の片隅で

前の世のための仮言葉――えぐれた風景の中から  石牟礼道子
解説  高橋孝次

著者プロフィール

水上 勉  (ミズカミ ツトム)

少年時代に禅寺の侍者を体験する。立命館大学文学部中退。戦後、宇野浩二に師事する。1959(昭和34)年『霧と影』を発表し本格的な作家活動に入る。1960年『海の牙』で探偵作家クラブ賞、1961年『雁の寺』で直木賞、1971年『宇野浩二伝』で菊池寛賞、1975年『一休』で谷崎賞、1977年『寺泊』で川端賞、1983年『良寛』で毎日芸術賞を受賞する。『金閣炎上』『ブンナよ、木からおりてこい』『土を喰う日々』など著書多数。2004(平成16)年9月永眠。