救済の文学

私たちは孤独感や無力感を感ずる時、あるいは心がひどく傷ついている時、親身になってくれる人を求めることがある。そのこの比喩は、他の純文学作品と私小説が、決定的に異なる一つの要因を示唆している。(本文より)

 

試し読み!

 

救済の文学

2019年4月24日 発売

岸間 卓蔵() 

ハードカバー上製版     212ページ     

定価 1,800円+税

ISBN978-4-8038-0358-7 Cコード C0095

紀伊國屋 Web Store ヨドバシ.com 楽天ブックス  HonyaClub.com オムニ7

e-hon HMV TSUTAYA Yahoo!ショッピング アマゾン

  

いい私小説を読むと、なぜわれわれの魂は慰められるのだろう。そしてなぜ、くり返し読んでも飽きないのだろう。
文学の故郷に、〈受容する主体(読者)〉という方向から全く新しいアプローチをはかった、気鋭の文芸評論集。

 

目次

Ⅰ 救済の文学

ドイツの自伝小説と日本の私小説 8
救済の文学──何故、私小説は一部の人から熱狂的に迎えられるのか 14
創作者と読者との神秘的邂逅──受容理論の盲点 45
文学より神秘へと至る道──十九世紀ロマン主義と写実・自然主義の系譜 54

Ⅱ 日本の文芸において

文芸の土壌問題──近代における日本語と日本文学の宿命 80
オイコス的芸術観──日本の芸術に見られる一傾向 96
日本近代文学の土壌に流れる二つの水脈 111

Ⅲ 文学史研究

トルストイとリアリズムに関する三つの考察 134
文芸復興前史──「プロ文」時代から文芸復興へ 152
雑誌『風景』について──文学とマス・メディア 181

あとがき 204

参考文献 208

 

岸間 卓蔵   (キシマ タクゾウ)  (著/文

1989年、千葉県生まれ。上智大学大学院神学研究科博士前期課程修了。平成生まれのゆとり世代。東京環状国道16号線沿線に在住。