黒衣の歳時記 文藝編集者という生き方

久米 勲


四六判 縦195mm 横135mm 厚さ15mm 重さ 352g 276ページ 上製

価格 2,300円+税
ISBN 978-4-8038-0439-3
CコードC0095発売日2024年6月6日

【紹介】
吉行淳之介、司馬遼太郎、和田芳恵……文人たちの素顔と背中、そして文学が文学であった時代の痕跡! 半世紀以上にわたるわが編集者人生を振り返り、作家との交流、文学論から書評までを収録した回顧録。

【著者プロフィール】
久米 勲 (クメ イサオ)
1941(昭和16)年、東京に生まれる。1964(昭和38)年、早稲田大学文学部国文学専修卒、河出書房新社入社。日本文学関連書籍、および雑誌「文藝」の編集に携わる。1979(昭和54)年、退社。編集事務所木挽社設立に参加。1982(平成4)年、退社。以後、フリー。2002(平成14)年より2009(平成21)年まで、青山学院女子短期大学にて講師。著書「不敗の極意『五輪書』を読む」、「流行歌の情景 歌詞が紡ぎだすもの」他。