ジェームズ・アレン 人は考えたとおりの人間になる

 

 

 

 

試し読み

人は考えたとおりの人間になる 

2019年1月24日 発売予定

原書:「As a Man Thinketh」(1903)

ジェームズ・アレン() 栁平 彬() グループダイナミックス研究所(監修)

文庫判ハードカバー     152ページ     

定価 1,200円+税

ISBN978-4-8038-0357-0 Cコード C0198

書店注文用紙

書店店頭用POP

紀伊國屋 Web Store ヨドバシ.com 楽天ブックス HonyaClub.com オムニ7

e-hon HMV TSUTAYA Yahoo!ショッピング アマゾン 

書評掲載情報

「原因と結果の法則」の邦題でも知られる世界的ベストセラーを、人財育成の第一人者が完訳。その原典に忠実かつ的確な訳文は、ジェームズ・アレンの肉声を直截に伝えてくる。
 誰の心にも寄り添い、語りかけるそれらの言葉には、何度読んでも新たな発見が。100年の風雪に耐え読み継がれた古典が持つ言葉の輝き。こんなジェームズ・アレンを待っていた! いつでも身近に持っていたい一冊。

 

ジェームズ・アレン

1864年、イングランド中部レスターに生まれる。家業は靴下編み工場だったが、15歳のとき渡米した父親が亡くなり、学校を退学して自らも靴下編み工場で働く。17歳のときに父親の蔵書だったシェークスピアに没頭。その後、労働以外の時間をすべて読書にあて、エマーソンやトルストイを読みふける生活を続けた。25歳の頃、故郷のレスターからロンドンに移り、個人付き秘書として働きながら、執筆活動を始める。1902年、雑誌「The Light of Reason」を立ち上げ、その編集にあたるのを機に執筆に専念。29歳でリリーと結婚。ロンドンからイルフラクームに居を移し、生涯ここで暮らすことになる。1912年に48歳で亡くなるまで、本書をはじめ19冊の著書を刊行。後の世界に広範な読者をもつ。

栁平 彬

1940年1月、東京に生まれる。62年、慶応義塾大学経済学部卒業後、丸紅飯田(現丸紅)入社。その後渡米し、ハバフォード大学でリベラルアーツ・哲学を学び、2年後、ダートマス大学大学院タック・スクール・オブ・ビジネスで企業組織論・マーケティング等を学ぶ。67年にMBAを取得し、同校を卒業。70年、人財育成プランナーとして独立。企業の組織開発(OD)や営業研修(TOS・Textbook Of Salesmanship)に携わる。75年、グループダイナミックス研究所を創立。ビジネスマンや中堅管理者、営業担当者を対象に、AIA・心のアドベンチャー(Adventures In Attitudes)、志の力学プログラム(The Dynamics of KOKOROZASHI)などのやる氣啓発プログラムを開発、普及。また、子どもの積極性と責任感を育てる親のための勇気づけプログラム(STEP・Systematic Training for Effective Parenting)も開発し、親子関係改善に努める。川崎・矢向と八ケ岳山麓の蓼科高原に縄文天然温泉付きの相互啓発研修センターを設立。人参ジュース断食を普及。AIA・心のアドベンチャーは、日本で42万人以上が受講し、現在世界展開の準備を進めている。

グループダイナミックス研究所監修

1975年8月設立。グループダイナミックス(集団力学)の考えに基づいた相互啓発により、一人ひとりの内発的な意欲と目標創造力を高める研修プログラムと、人づくりの場を提供している。関連施設に川崎生涯研修センター・縄文天然温泉「志楽の湯」、たてしなエグゼクティブハウス・八ヶ岳縄文天然温泉「尖石の湯」がある。