阿佐田哲也はこう読め!

北上 次郎 著

定価 1,540 円税込

B6変型判 縦164mm 横112mm 厚さ18mm  208ページ 

仮フランス装 194g

ISBN978-4-8038-0382-2 CコードC0095

発売予定日 2021年3月25日

紹介


没後32年を経ても愛読者が絶えない『麻雀放浪記』を始めとした阿佐田哲也の麻雀小説。その純然たるファンを自認する北上次郎氏が、積年の「阿佐田哲也論」を集大成! 『色川武大・阿佐田哲也電子全集』(小学館)の完結にともない、福武書店版全集と小学館版電子全
集に寄せた「解説」をまとめ、徹底的に加筆修正を施した《阿佐田哲也全作品・完全ガイド》!


目次


第一章『麻雀放浪記』はこう読め!
    生き方としての「麻雀放浪記」――「青春篇」「風雲篇」
   〝苛立ち〟と〝優しさ〟――「激闘篇」「番外篇」
    獣になって生きることを教える「無法者の書」

第二章 その後の「ドサ健」と「坊や哲」
    驚きの『ドサ健ばくち地獄』
    阿佐田哲也の模索


第三章 ヒリヒリする博打小説からユーモア・ピカレスクヘ
    麻雀と手ホンビキとギャンブル小説
    ユーモア・ピカレスクの誕生
    移行期の博打小説

第四章 やみつきになる!  阿佐田哲也の短編小説
    阿佐田哲也の短編小説から二十七篇を選ぶ
    初期短編小説の面白さ


第五章 阿佐田哲也あれこれ
   「色川武大・阿佐田哲也」の原点
    阿佐田哲也の神髄、ここにあり!
    阿佐田哲也と私
   「元ネタ」と「創作」の秘密
    阿佐田哲也の競馬小説

  ギャンブルの日々と阿佐田哲也―「あとがき」にかえて

   卷末資料


著者プロフィール

北上 次郎 (キタカミ ジロウ)

1946年生まれ。東京都出身。明治大学文学部卒。エッセイスト、文芸評論家、編集者。本名:目黒考二(めぐろ こうじ)。ジャンルごとに異なるペンネームを使用。私小説の目黒考二、ミステリー文学評論家の北上次郎、競馬評論家の藤代三郎(ふじしろ さぶろう)など。2000年まで「本の雑誌」の発行人を務める。 2011年「椎名誠 旅する文学館」の初代名誉館長に就任。主な著書に『書評稼業四十年』『冒険小説論』『息子たちよ』『余計者の系譜』『エンターテインメント作家ファイル108 国内編』『感情の法則』『記憶の放物線』などがある。