季刊 アンソロジスト 2022年 夏季号

A5変型判  76ページ 価格 1,100円(税込)

ISBN 9784803804010

Cコード C0491

初版年月日 2022年8月13日

紹介

田畑書店「ポケットアンソロジー」シリーズと連動する季刊誌の第二弾!
短篇小説を既存の読み方から解き放ち、新しい読み方を提案する「文化を読み換えるカルティベイト・マガジン」。
今回クローズアップするのは太宰治の短篇。いつ読んでも新しい太宰の短篇の魅力に迫ります。
また、書評家・スケザネ氏責任編集の頁では「理系と文系の狭間に生まれる文学」を、いま旬の書き手にさまざまな方向から語っていただきます。

目次

   《特集》太宰治の短篇……木村綾子/大学生の仲間たち
    人生に効く井伏鱒二……増田みず子
    短篇小説で一服……山本アマネ
    小説:息子の長靴……太田靖久
    エッセイ:牛肉とエリンギの炒め物……水野葵以
    くうねるあむ……梅﨑実奈
    新アンソロジーの提案(仮)……永山裕美
    書評『ポルトレ 普及版』……柳沼雄太
    BLACKOUT POETRY……海の襟袖(エリザベト怜美+モノ・ホーミー)

    《スケザネ図書室》理系と文系の狭間に生まれる文学
     森田真生……インタビュー「文学と数学の交点」
     隠岐さや香……文芸が科学と文学とに分かたれる前に
     山本貴光……言葉で世界を組み立てる
     川添愛……科学と文学について自分なりに考えてみた
     榛葉豊……寺田寅彦「比較言語学における統計的研究法の可能性について」
     松村由利子……科学者のやわらかな心
     岡田基生……修羅のなぎさ――宮沢賢治のイギリス海岸

     小津夜景……存在のためのふわふわした組曲
     片上長閑……俳句の時間「石井露月」

    イラストレーション……佐藤繁