田畑ブックレットの哲学入門シリーズ第3弾。
あの「短歌で読む哲学史」「短歌で読むユング」の続編は、宗教学。
今回は宗教学者ミルチャ・エリアーデの学説を通して、宗教学の奥深い、
しかし普通の生活の中にも広く染み渡っているものを再発見していきます。
もちろん中学生から大人まで誰も挫折なし、最後まで飽きさせない入門書です!


あれ? もしかして、現代のクリエイターってみんなエリアーデ読んでるの?
と錯覚してしまうほどおもしろい本でした

イラスト・朶野

ネオ高等遊民@哲学youtuber





画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_7703-1024x791.jpg




〈 田畑ブックレット 〉

短歌で読む宗教学

山口 拓夢

2021年1月28日 発売
A5判 並製 140ページ 
縦210mm 横150mm 厚さ10mm 重さ 222g 

定価 1,500円+税

978-4-8038-0379-2 Cコード C0095

山口拓夢(やまぐち たくむ)
1966年東京生まれ。札幌大学女子短期大学部教授。西洋哲学・神話学研究者。学習院大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。哲学やギリシア神話のみならず、心理学、人類学、宗教学など文系分野全般に関心を抱き、深い知識を基に発信している。
著書『短歌で読む哲学史』『短歌で読むユング』、主な訳書・共著:『ディオニュソスの詩学』チャールズ・シーガル著(翻訳)国文社『宗教への問い』第5巻「宗教の闇」(共著)岩波書店 『世界神話辞典』アーサー・コッテル著(共訳)柏書房 ほか。


内容紹介

『ゴールデンカムイ』も『シャーマンキング』も『スターウォーズ』も『ロード・オブ・ザ・リング』も、ぜんぶ根っこはひとつ、ここにある! 神話や物語の創造と構造と読解の鍵を宗教学者エリアーデの諸著作からひもとき、短歌でまとめ易しく説く。「短歌で読む」シリーズ待望の最新作!