本文試し読み


田畑書店 ポケットスタンダード


子どもと孤独

エリス・ボールディング 著 小泉 文子 訳

2020年 8月 8日 発売

価格 1,300円 + 税

ISBN:978-4-8038-0374-7   Cコード C0195

文庫判 上製 176ページ
縦 156mm 横 113mm 厚さ 15mm 重さ 176g


直販サイト・ネット書店

田畑書店公式 honto 紀伊國屋
ヨドバシ.com 楽天ブックス HonyaClub
オムニ7 e-hon HMV
TSUTAYA Yahoo! アマゾン


書評
9月1日 MORGENモルゲン 9月号




 孤独が子どもの創造性を育む……米国の女性社会学者の名著を、同じく敬虔なクエーカー教徒で日本の幼児教育の第一人者でもある小泉文子氏が完訳。また小泉氏が園長を務めた幼稚園の“育児だより”から厳選した名文も併録する。
 

エリス・ボールディング (著)
1920年、ノルウェーに生まれる。3歳のとき家族ぐるみでアメリカに移住。若い頃より平和運動に積極的にかかわり、クエーカー教徒となる。同じくクエーカー教徒である経済学者・詩人のケネス・ボールディングと結婚後、5人の子どもを育てながら平和研究に取り組む。1969年、ミシガン大学で社会学の博士号を取得。以後、ミシガン大学、コロラド大学で教鞭をとる。ダートマス大学名誉教授。国際平和研究会事務局長、国際連合大学理事などを務める。2010年、没。

小泉 文子 (著/訳)
1922年、東京に生まれる。42年、東京女子高等師範学校理科卒業。クエーカー教徒。82年、少友学園長となる。94年より学校法人普連土学園長を務め、その後顧問となる。著書に『私の巡礼紀行』『少女だより』(以上、聖文舎)、『もうひとつの横浜事件』『幼児はあらゆる種子の萌芽を孕む』(以上、田畑書店)などがある。