【お知らせ】


西日本新聞で丸山健二特集が掲載されています。

3日目を終わり、初日には丸山健二自身で起こした出版社いぬわし書房と、いぬわし書房から出版が予定されている『ブラック・ハイビスカス』の大特集。羊皮装4冊組限定50部10万円となった意味や、作品の概要、書影が公開されました。

2日目は作家デビューの頃と、文学界新人賞、芥川賞受賞した『夏の流れ』について。今日は作家生活を深め、高めていく中でターニングポイントとなった『河』を。

全5回を予定されている丸山健二特集記事は、躍動感あふれる丸山健二史となっております。台風の影響もあり、残り2回は週明け月曜から再開される予定です。