今週末に、日本ペンクラブ主催「共謀罪は私達の表現を奪う」が開催されます。
司会を日本ペンクラブ常務理事でもある山田健太さんが務められます。

3月21日の閣議決定に抗議し、表現者として、共謀罪そしてその先に来る監視社会に、「NO」を宣言します。

発言(敬称略):
浅田次郎(作家、日本ペンクラブ会長)、雨宮処凛(作家)、内田麟太郎(絵本作家、日本児童文学者協会理事長)、江成常夫(写真家)、香山リカ(精神科医・作家)、田近正樹(日本雑誌協会人権・言論特別委員会、日本書籍出版協会出版の自由と責任に関する委員会)、ちばてつや(漫画家)、中島京子(作家)、ビッグ錠(漫画家)、森絵都(日本ペンクラブ常務理事・作家)、森達也(作家・映画監督)、山口勝廣(写真家、日本写真家協会専務理事)、他
司会:山田健太(日本ペンクラブ常務理事・言論表現委員会委員長)

日時:2017年4月7日(金)午後6時半から8時半
場所:文京区シビックセンター 小ホール
参加費:1000円
当日先着順:事前申込不要 定員325名 

 政府は「共謀罪」について、テロリストを捕まえるためのもので、「一般人」には関係ない法律だと言っています。そしてオリンピック開催のためにはテロ対策として、どうしても必要だと繰り返しています。

  でもこれまで「共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)」は3度にわたって国会に上程されながら、いずれも廃案になった経緯があります。そこからは、編集会議で「徹底取材」を確認し、嫌がる政治家をしつこくコメントを求めることまで、罪の対象になる可能性が見えてきます。

  しかも、疑わしいだけで、しかもその基準もあいまいで警察の恣意的な判断の下で、検挙され身柄が拘束されることになります。
さらにそのためには、日常的に電話やメールを盗聴するなどして証拠を集めることが必要で、そのために法改正がなされ、その結果、自分たちが知らないうちに、取材過程が監視されることになりかねません。

 言論・表現活動に携わる者として、共謀罪が取材・報道の自由とどのような影響があるのかを改めて確認し、同時に、昨今の《言論萎縮状況》にいかに立ち向かっていくかを語り合う、元気が出る会にしていきたいと思います。主催:一般社団法人日本ペンクラブ  問い合わせ先:info@japanpen.or.jp

交通案内:文京区シビックセンター 小ホール

住所:〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21問い合わせ:03-5803-1100 (公財)文京アカデミー施設管理係

◎東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅>【直結】
◎都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅(文京シビックセンター前)>文京シビックセンター連絡通路【直結】
◎JR中央・総武線水道橋駅>【徒歩約10分】
車でお越しの方(高速道路ご利用の方)
首都高速5号線池袋線
都心環状線からお越しの方は西神田ランプ、高島平方面からお越しの方は飯田橋ランプ } を降りて白山通りをお入りください。白山通りを巣鴨方面へ進み、春日通りとの交差点(春日町交差点)を左折し、1つ目の信号を左折すると、左側に文京シビックセンターの駐車場入り口があります。
駐車場(高さ制限2.5m)は、有料(30分250円)でシビックセンター地下1階、地下2階に130台分あります。ただし、満車になる場合もあります