Editorship(エディターシップ) Vol.4
特集沖縄とジャーナリズムのいま
発行:日本編集者学会 販売:田畑書店

国家の変容によって同根の危機に晒されている沖縄とジャーナリズムの問題を真正面から捉える特集に加え、「百科全書」のオーソリティ、鷲見洋一氏による「編集者としてのディドロ」、 作家・角田光代の創作の秘密に迫る公開講座など、 バラエティに溢れる「エディターシップ」第4弾!

[目次]

私の沖縄戦後出版事情                     川満信一    4−15
講演を聴いて                         上間常道    16−21
沖縄をどう伝え続けるか                    宮城修      26−43
編集者学会、沖縄へ                           川上隆志    22−25
メディアと国家権力                           青木理      44−66
編集者としてのディドロ                       鷲見洋一    67−101
角田光代はいかにして角田光代になったか      角田光代    104−117
「吉田健一」を書き終えて                   長谷川郁夫  118−131
「雪岱調」の萌芽と挫折                       真田幸治    134−153
『遠野物語』の出版履歴と社会的評価         佐谷眞木人  154−161
シリーズ『本の文化史』を読みつつ考えたこと    石塚純一   172−179
連載(地方小出版の力(5)南山舎〈石垣市〉    和賀正樹    164−171
死と死者の文学(第三回)
小説にとっての他者と言文一致体          佐藤美奈子 180−189
ただいま、ちょっと牧水通                   堀山和子    102−103
劇場煙草往来                                 和気元      132−133
脳卒中のこと                                 中嶋廣      162−163